トレンド・アロケーション・オープンに引き続き注目2013年03月16日

昨年9月に国際投信のトレンド・アロケーション・オープンにスポットを当てたエントリーを書きました。
(→ こちら

トレンド・アロケーション・オープンの第一期が1月25日に決算を迎え、運用報告書がHPで公開されています。( → トレンド・アロケーション・オープン第一期運用報告書 )

どんな運用報告書になるのか期待していましたが、なんと第一期はまだメインの組入れ先となっているダイナミック・マルチ・アセット・プラス・ファンド(JPY)が決算を迎えていない(決算日は3月30日です)という事で組入れ先のファンド情報はマネー・プール・ファンドの情報が中心になってしまって残念な感じでした。

せっかくなので今回のエントリーではなぜ自分が設定から日も浅いこのファンドに注目していたかという点について説明してみたいと思います。
それはうちの家計口座で積立するのに向いているなと思う2つの仕組みを備えていたからです。


1)ダウンサイト・リスク・コントロール

直近1年のピークから基準価額がどの程度下がったかによってリスク資産への投資比率を求め、短期債券やキャッシュ比率を導き出します。
マンスリーレポートを見るとこのファンドでは直近1年の基準価額のピークからマイナス15%を下落リスクの制御目標に設定しています。

基準価額で見ると実際には投資先資産が全額キャッシュになっても信託報酬が差し引かれるので-15%を下回ることになると思いますが、どんなに厳しい相場においても1年の最大下落幅が意識できるポートフォリオというのは投資を続けるという観点から見るとなかなか良いと思います。

投資を始めた人がなぜ止めるのか?それは自分が思ってたよりも損失による心労が大きかった時です。
100-年齢の比率で株式に割り当てましょうなんて事を言われて自分もまだ若いから大丈夫!と果敢にリスクを取って◯◯ショックで散っていった投資家さんたちを見ていると、まず元本保証ではない世界のルールに慣れるまではこういったダウンサイド・リスク・コントロール付きのファンドがいいんじゃないでしょうか?

自分の場合は私個人のお金ではなく家計の口座という保守的な性質なお金を積み上げていくにあたって相性がいいと思って積立を行なっています。


2)為替フルヘッジ

もう一つ自分がこのファンドの仕組みで評価している仕組みが外国の資産は為替ヘッジを行なっているという点です。最近は円安傾向になっていますが為替リスクは取らずに済むなら取らない方が価格変動も安定しますし心穏やかにお金を託することができると思います。

欠点は円安に触れた時にあまり上がらないのを我慢しないといけないことでしょうか。
でも下がってる時に我慢するよりはマシでしょ?と思っています。


雑感

家計の資産形成の手段として毎月積立を行うのであればいつ何時解約しないといけない事態が起こらないとも限らないのでこういった値動きが安定的なファンドはうちにとってはありがたい存在です。

自分の場合、自分のお金は自分の好きなようにアクティブに運用していますが、家計のお金に関しては自分がアクティブに振る舞うためにも保守的な運用を心がけています。
ついでにいうと個人のお金もインデックス運用よりもリスクの低いアクティブファンドを意識的に選ぶようにしています。以前は高いリターンと低いリスクに期待して主にバリュー投資系のアクティブファンドを選択していましたが、今では低いリスクを期待してアクティブファンドを選択しています。

そういった訳でリスクが低くなる仕組みがしっかり組み込まれたファンドを好む傾向があります。
例えば朝日Nvestグローバルバリュー株オープンからセゾン資産形成の達人ファンドに切り替えたのもそうですし、さわかみファンドも景気の波に合わせて資産配分を変えることが出来ないファンドだとわかった時に売却しました。

トレンド・アロケーション・オープンの名前の由来にもなっている各資産クラスの価格推移のトレンドに応じて投資比率を変えるという点についてはうまくいっているのかどうかは1年程度ではとても評価できません。ただし、過去の運用を見るとそこそこ配分を変えるんだな〜と思って見ています。
本来ここが一番の売りなんでしょうが、過去にあったこの手のコンセプトのファンドの多くはうまくいってませんし自分もそこはそんなに期待してません。


余談

余談ですが運用報告書を読むとこのファンドには国際投信自ら9.69億円のシードマネーを入れてます。
2013年3月15日現在で15.98億円まで純資産額は増えていますが、基準価額は設定来で+5.7%ですのでこのファンドの投資家はほとんど国際投信という事になります。

積立1年生という毎月のコラムを発行したり、ファンドの概要を毎月簡単に説明するFund Bridgeなど薄利なファンドながら資産形成層に向けて一生懸命アピールしていますし、来年から始まる日本版ISAを意識した商品なんだろうなと思っています。

トレンド・アロケーション・オープンの日次リスク(250日)は5.92%(2013/2/28現在)ととても低くなっています。比較対象としてeMAXISバランス(波乗り型)の日次リスクは10.60%です。両者間では主に為替ヘッジの差がリスクに現れています。リスクが低い代わりにリターンはeMAXISバランス(波乗り型)に圧倒的に劣後しています。
 青:基準価額
 赤:日次リスク(250日) ※設定から250日にまだ達してません・・・

なかなかスポットライトを浴びない地味な存在ですが、最近になってようやく流入金額も増え始めており今後の展開に引き続き注目してます。