ひふみ投信が運用開始5周年を迎えました2013年10月01日

レオス・キャピタルワークスのひふみ投信が2008年10月1日の運用開始から5周年を迎えました。

おめでとうございます!

ひふみ投信は当初69人の顧客からスタートしたと最近聞きましたが、私もその中の1人として当初募集から購入を続けてきました。(レオスWEBだと過去の購入履歴が設定時から遡って見られるんですね)


リーマンショックの直後に運用を開始したり、ISホールディングスの傘下になったり、ファンドマネージャーが変わったりこの5年でいろんな事がありましたが、守りながら増やすというひふみ投信のコンセプトが揺らぐことは無かったと思います。

最初は小さな金額で縦横無尽に運用をするファンドだなという印象でしたが、今では姉妹ファンドのひふみプラスもでき、ひふみマザーファンドは140億円を超えるまでに育ってきました。

昨年はR&Iファンド大賞を受賞、今年もR&Iファンド大賞で優秀ファンド賞を受賞しています。
時間をかけて評価を高めながら徐々に育ってきた5年間でした。

ひふみ投信のお客様の声に自分が掲載されているのですが、当時はポートフォリオの10%程度だったのが今では全体の26%程度、投信ポートフォリオでは約半分を占める中核ファンドとして活躍してもらっています。

運用開始から5年経過したということは・・・資産形成応援団が始まるということです。
週明けの10月7日には一回目の応援金が還元されるのですが、自分の場合は初回の買付金額が少なかったので今回はたぶんないですね(残念)。

来年4月の応援金を楽しみに待ちつつ、これからもひふみ投信と共に歩みたいと思います。