販売再開後もバカ売れの続くJPMザ・ジャパンの資金流出入状況2013年04月05日

3月5日に純資産額1,000億円を超えるという事で販売停止になり、4月1日に販売再開したJPMザ・ジャパン。今年に入って売れ行きが凄いことになっていましたが実際のところファンドへの流出入はどんなものだったのか振り返ってみます。


2月は毎日10億円以上の流入が続き1ヶ月で322億円の流入でした。
ちなみに320億円というのは2012年末の純資産額に相当する額です。

3月に入ると販売停止が近づいたからか駆け込みで買付けが殺到し、3月4日には60億円、最後の買付け日となった3月6日には73億円も流入しています。

販売停止となると一転、毎日数億円ずつ解約が続きました。
皆さんちょっとずつ利益確定売りをしていたようです。
この期間で約70億円の流出となりました。

で、問題の4月2日です。上限が2,000億円に拡大したJPMザ・ジャパンの二度目の船出の日は1日で139億円の純流入です。続く3日も83億円、4日も50億円とたったの3日で270億円も流入してしまいました。

1,000億円増やして2,000億円にした純資産の上限に対してあっさり1,562億円まで来ています。
このままの勢いだと4月中に再度上限に達してしまいそうな・・・。

こんなに一気にお金が入って運用は大丈夫なんでしょうか?
相当無理していると思いますが・・・。

※4月6日追記
 JPモルガンアセットマネジメントからJPMザ・ジャパンの信託金が上限の2,000億円に到達することが予想されるため4月9日(火)をもって販売停止となる旨のリリースが出されていました。(→ こちら )
なお、定時定額購入(積立)や確定拠出年金での購入している方は販売停止期間も継続して購入することができます。