世嬉の一酒造 酒蔵ナイトツアーに参加しました2013年05月02日

GW前半は斉吉商店さんのばっぱの台所オープンイベントに参加するために東北に行っていました。
気仙沼に行くには一関に泊まるのがよいだろうという事で一関を拠点に周りを観光していたのですが、一関に泊まったもう一つの理由は斉吉商店さんと同じくセキュリテ被災地応援ファンドで出資している世嬉の一酒造さんに訪問するためでした。

12月のツアーでも訪問していたのですが、ゆっくり蔵のレストランで食事がしたいという事で今回は1日目の夕食、2日目の夕食、3日目のカフェと3回行って来ました。

1日目、一関について厳美渓観光の後で夕食をと考えていたのですが、駅にある観光案内所でこんなパンフレットを見つけました。


これは面白そうだという事で参加決定。当日17時までの申込でしたので、厳美渓から駅まで戻ってきたところで予約を入れました。

ナイトツアーはまず国の指定文化財になっている酒蔵群の説明から始まりました。
もともとはここで日本酒を醸造していたため(現在は別の工場で日本酒を醸造しています)、中庭をぐるっと精米〜仕込み〜瓶詰め工程の蔵が囲う実用的な設計になっています。

こちらは元精米所と麹室だった蔵です。今はいわて蔵ビールの醸造所兼ホールとして利用されています。
東京駅を設計した辰野金吾の弟子、小原友輔が設計しているので酒蔵でありながら洋風のエッセンスも取り入れた大正モダンな建築になっています。

ホールの内部。麹室だったエリアは音響がいいのでコンサートなどでも利用されているそうです。
東日本大震災でも壁にヒビが入ったため補修が行われました。

隣の精米所だったエリアはいわて蔵ビールの醸造所になっています。

様々な種類のビールが作られており、ビールの種類についても熱い説明がありました。

元窯場だった蔵はレストランとして利用されています。
こちらは和のテイストが強く出た構造です。

元仕込蔵は酒の民俗文化博物館と文学の蔵になっています。
この蔵は島崎藤村や井上ひさしといった文学者とも交流があり、その縁で文学館も併設されています。

博物館では日本酒の製造工程など熱の入った説明を受けました。
本当に世嬉の一酒造を愛しているんだなというのが伝わってくる説明で、働く人にも愛されているいい会社だなと思いました。

元製品倉庫だった蔵はカフェになっています。

レトロな内装でしっとりとした雰囲気に真空管アンプと波動スピーカーから流れるバッハがいい感じです。
また、日本最古のオルガンも展示されていました。

元瓶詰所はお酒の販売コーナーになっています。

こちらも震災で蔵が傾いてしまいましたが、ファンドの資金などで補強工事が行われました。
蔵の補修の説明になった時、ファンドを使って多くの個人から力を借りたという話になって、実は自分も出資してるんです。。。と打ち明けたところ、とても喜んでいただきました。


最後は販売コーナーで日本酒の利き酒体験。
利き猪口を使って利き酒の仕方を学んでから世嬉の一酒造さんのお酒を飲み比べます。

生酒の若さと吟醸酒の品の良さが利き酒の仕方を聞いた後だとより感じやすかったように思います。

ナイトツアーは500円と手頃な値段ですし、ガイドを聞きながら蔵をめぐったり日本酒やビールの製造工程を聞くのは楽しいですよ!

ナイトツアーの後はレストランで食事をしましたが、気に入ったメニューとしては二日目の夜に食べた「牛辛スープ餅膳」が特に美味しかったです。
牛肉の時雨煮の入った膳にはご飯ではなく、お餅が入っているのがなんとも面白い食感です。
普通に食べ、温泉卵を入れて食べ、最後はスープを入れて食べるという3つの味が楽しめます。
もちサミットで準優勝に輝いたという牛辛スープ餅膳、オススメです。

世嬉の一酒造さんも社員旅行で斉吉商店さんのばっぱの台所に行っていた事もあり、レストランのホールスタッフの方とも斉吉商店さんに行った話をしたり、楽しい時間を過ごしました。

3日目に行った平泉もとても良いところでしたので、また遊びに行きたいです。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shintoko.asablo.jp/blog/2013/05/01/6796233/tb