いい会社の理念経営塾 石坂産業見学ツアー(1)新井さんバスガイド編2013年10月05日

NPO法人いい会社をふやしましょう主催の『いい会社の理念経営塾』現地視察編

【関連記事】
いい会社の理念経営塾 石坂産業見学ツアー

石坂産業さんは入間郡三芳町にある産業廃棄物処理の会社です。
かつて所沢ダイオキシン問題では問題の産廃業者として訴訟されたりもしましたが、地域と自然と共生していくことを目指して生まれ変わりました。
産業廃棄物処理業者というと高いフェンスで囲われていて中で何をしているかわからないという悪いイメージがありましたが、今日見学してみて意識がガラっと変わりました。

9:15 池袋西口公園に集合してバスで石坂産業さんへ向かいました。
実は石坂産業さんのあるくぬぎ山は家からも車で15分ほど、歩いても1時間ほどで着く場所だったのですが歩くには遠いという事で電車で池袋まで行きました。

バスガイドも出来る鎌倉投信のファンドマネージャー新井さんの勇姿が見たかったというのもありますが。


行きのバスの中では石坂産業さんのDVDを見ようとするもののモニターに現れたのはDISC ERRORの文字・・・バスガイド新井さんによる石坂産業さんの紹介と相成りました。

石坂産業さんは会社のほとんどの敷地が森林。とても産廃業者には見えません。
若くてきれいな女性社長が父親の跡を継いだのはダイオキシンの問題で叩かれている最中のことでした。
ニュースステーションで叩かれた当時、くぬぎ山地区で最大手だったのが石坂産業さん。
最新鋭の焼却炉を導入していたので大きな煙突がテレビに映しだされました。

地元の人から出て行けと言われたり、訴訟されたりしましたが東京から出てくるたくさんのゴミを焼却して小さくしてから夢の島に持って行っている。社会のためにやっていることなのになんでここまで言われないといけないのかとがっくりきていた父親を見て誰にも何も言われない会社になろうと、それまではネイルサロンでもやろうとしていた娘さんが社長に替わりました。
今ではネイルは自分でやっていないそうですが、社長のネイルにも注目してください。

それからはエコな会社になろうとしています。
産廃処理はトラックから下ろしたら水をかけながら分類していきます。この作業を囲った屋内で行うことで全て清浄化するようにしました。水は雨水と地下水だけを使って重機は鎌倉投信の投資先でもある日立建機さんと共同開発したEV重機です。

敷地には公園のような森林が広がっていますが、これは音を吸収する意味もあります。
この森にはニホンミツバチもホタルも住んでいて庭園もあります。

ニュースステーションの報道は誤報だったのですが、未だに石坂産業さんは風評被害による訴訟を受けています。

高野登さんと石坂産業さんに行った時、「伊那食品工業を超えているかもしれない」と言われました。
鎌倉投信やこのNPOの「いい会社をふやしましょう」というのは伊那食品工業さんの社是「いい会社をつくりましょう」の公式パクリ。塚越会長の許可を得た上でのパクリです。

伊那食品工業さんでは毎朝始業前から社員さんが集まって清掃活動を自主的にやっています。土日でもやっているので「どうして休みの日も清掃をしているんですか?」と聞いたら「気になっちゃうから。それに、汚いところをお客様に見せてしまうのは恥ずかしいし、時間があったから来ました。」と言われました。

石坂産業さんはマイナスからのスタート。あそこまでにしたのには想像を絶する会社です。
ここまで言うのに鎌倉投信はなんで投資をしていないのか?それは今は私からは話せません・・・。

石坂産業さんはとにかく教育が素晴らしい。おもてなしの気持ちがあるか社員さんの挨拶を楽しみにしていて下さい。でも、それだけではないんです。

ハウスメーカーが家を建て替える時、元々の家を潰します。解体は下請け業者に依頼し、さらに家を解体した瓦礫はトラックを使って産廃業者に運び込まれます。産廃業者はいらないものなのでいかに安く引き取ってもらうかが重視される商売と言えます。石坂産業さんはこのお客様にあたるトラックの運転手さんへの教育がすごいんです。

搬入マニュアルを見せてもらいましたが、事細かく決められています。
「挨拶をすること」「たむろ禁止」「アイドリング禁止」「タバコ禁止」守らない人は来てもらわなくていいと言っています。

それでも石坂産業さんへ運んでくるのです。なぜ?こんなにうるさい事をいうのに。

理由は2つあります。分別して持ってくると安く引き取ってくれるから。
もう一つは挨拶をするようになると家庭がうまくまわるようになるからだそうです。挨拶をすることで愛想がよくなって人間が変わります。人間力がつくことで家族からもお父さんが変わったと家庭円満につながるからです。

こんなの見たことがありません。

地域に愛される石坂産業でありたいと地元の野菜も販売しています。
産廃業者の近くで採れた野菜も汚いことはありませんというメッセージなのです。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shintoko.asablo.jp/blog/2013/10/05/7001129/tb