水曜どうでしょう祭 UNITE2013参加レポート(9/7)2013年09月10日

8年ぶりに開催された水曜どうでしょう祭、一旦はあきらめたんですが最後の粘りでどうにか9月7日(土)に参加してきました。っていうかあれからもう8年たったんだね〜。

金曜日は竹川美奈子さんのNISA勉強会に参加した後、成田のホテルへ移動して朝の飛行機で新千歳空港へ。一旦ホテルに荷物を預けて現地に到着したのは11時過ぎ。既に入場ゲートの混雑は落ち着いていました。心配されていた雨も千歳方面は降っていたものの札幌市内は曇り。

入場パスです。

ゆるゆるとスタンプラリーをしながらアイスアリーナへ。

どうでしょう神社。

カブ西日本で登場した後藤姫だるま工房さん。

だるま一家も勢ぞろいです。

新篠津村の高砂酒造さんも出店。わかさぎ釣りで大泉さんが飲んでいた大法螺も売っていました。

どうでしょう軍団襲来図。赤いシールが置いてあって、どこから来たのかビシッと貼り付けます。
しっかり所沢に貼ってきました。東京近辺盛り上がりすぎです(笑)

漫画家さんが描く水曜どうでしょうも展示。アリーナの2Fには原画展示のミュージアムもあったのですが時間の関係で見られず。1F廊下のポスターで見てきました。

そして問題作(笑)
ふじやんがこういうのを描いて欲しかったんだ!と絶賛してました。

私も最近の小ぎれいな大泉さんより荒々しい大泉さんが好きです。

お昼は小倉トースト食べ比べ。こちらは青屋敷(ローソン)版小倉トースト。
藤やんの実家、カフェレストラディッシュの監修です。

うん、甘い!

こちらは本物のカフェレスト ラディッシュの小倉トースト。

甘さだけでなく、ちょっとしょっぱさも。
ラディッシュは年末で閉店するという衝撃情報も樋口了一さんの『手紙』を聞いて思わずほろっと来てしまった藤やんから発表されました。
「かあちゃん、美味しかったよ!」

バタークリーム復活を目論む藤やんが札幌グランドホテルに発注。甘いものが苦手な石坂店長が無理して一個食べて一日を棒に振った「藤村のバタークリームケーキ
昔なつかしいチープな見た目が素敵です。昔なつかしいのべーーーーっとしたバタークリームが堪能できる逸品でした。

真駒内オープンスタジアムへ。
トークショーの直前にはこの人だかり。全国からどうでしょうバカが1万5千人も集まってます。
ダ・ヴィンチの表紙の撮影もトークショーの最中に行われましたが、アリーナ前方組から寝ー釣ーり!コールが(笑)

この日一番笑ったのは藤やんが話していた「マウントポジションからの糸ようじ、糸ようじ、糸ようじ」
台本がないので面白いことを手探りでやってる大泉さんが藤村Dのツボに入ったと見るやマウントポジションからすかさず連打するという話の中で登場した名セリフ。

LIVEでは黒色すみれの「菊練りしたい」「語呂合わせのコニーデ」が強烈すぎました。

どうでしょう祭で買ったグッズなどを特製の段ボールで発送できるヤマト運輸ブースは買い物したグッズを箱詰めする藩士でいっぱいでした。そういえばコモンズ投信も8月からヤマトHDへの投資をはじめましたね。(無理やりつなげてみた)

夜のトークショーは気合を入れてアリーナに来てみました。
この日は第二回どうでミー賞の名セリフ部門の発表でした。司会はなんと10位以内にノミネートされなかったからとミスターが。
10位から順に名セリフを言った人が前に出てきてセリフを絶叫するだけなんですがやたらと盛り上がります。
6位では藤やんが「文久三年!」と言うと会場のどうバカが「金八先生〜!」と自然とコール&レスポンス。この組み合わせおかしいだろ!と大泉さんにも突っ込まれました。
基本的に最初の1〜2文字で会場はなんのセリフか察するので、一緒に名セリフを叫んで盛り上がります。

「どーも 奥さん 知ってるでしょう。大泉洋でございます。おい、パイ喰わねえか?」が結局2連覇。
大泉さんは次回の祭までにはこれを超える名セリフをと意気込んでいました。


最後は樋口了一さんのライブ。AnniversarySongをどうでしょうネタで替え歌を作って来たという本人による替え歌でスタート。マニアだ・・・。『手紙』は生で聞くとうるっときますね。
8年ぶりに生で聞いた『1/6の夢旅人2002(2013)』も今日も終わりなんだな〜と思いながら歌ってました。

締めは今回も花火。本当に目の前で打ち上げられるので最後は視界中が光の粒で一杯になって涙が出ちゃいました。

無理してでも行ってよかったです。一番大変だったのは直前だったので宿を確保することだったんだけど。

新千歳空港にもビシッと新作の広告が。
ちなみに来ている衣装やタオルはグッズとしてヨーロッパ完結編と同じく売り出すつもりらしい(笑)

藤やんと嬉野Dのサイン入り。

名言がびっしり書かれたマニアックな広告が。

また8年後になるのかもしれないけど次こそは3日間ゆるゆると参加したい!と思いました。
同じ価値観を持つ人が15,000人も集まって同じツボで笑えるってのは相当幸せなことですよね。
笑顔が一杯集まったとても幸せな時間を自分も共有できました。

一生どうでしょうします!と改めて誓ったどうでしょう祭UNITE2013でした。